Noriyuki Furutani

  • 当展示はアポイント制です。

  電話かメールにて事前予約をお願いいたします。
  03-5159-0599 / tokyo@ippodogallery.com
 (開廊時間:11時〜18時 休廊日:月曜日)

 

作家在廊日:4月15日(金)、16日(土)、17日(日)

 


 

天目は焼成条件によって釉薬が無限に変化します。
薪窯で焼成する事は大きなリスクもありますが、自分の焼成コントロールと自然の力が伴った存在感を生みます。
そして稀に自分の想像を超える茶盌が現われます。

古谷宣幸

 


 

 

漆黒の釉上に浮かび上がる七色の斑紋。

古谷宣幸は18歳の頃、大阪の東洋陶磁美術館で国宝・油滴天目に出逢った。

その佇まいと品格に惹かれ  学生時代から天目釉に取り組む。

 

天目茶盌は茶陶の中でも難しく  挑んだ多くの陶芸家達は道半ばで諦めたと聞く。

その上、古谷は薪窯で焼き  その難しさを喜び 楽しんでいるように思う。

かくして  古谷宣幸の天目茶盌は堂々と品格がある。

現代の茶の湯ではあまり出番のない天目茶盌。

彼の情熱と勇気に拍手を送っている。