Come Across the Sea: 海を越えて…

10ヶ月前まで、世界中を縦横無尽に飛行機が行き交い どこの国へも簡単に行けて 地球は小さな星と思っていました。青い星 地球に住む生物の中で人間は古くから絵を描き、美しいモノを創って来ました。
コロナ禍で不自由な中、私たちは大切な人やモノやコトが見えて来ました。科学技術が発達した世界の中で芸術が大切であることを、音楽と共に美術工芸は世界の共通言語であることを知りました。

一穂堂はこの度 海外から美術工芸作品を一同に集め「Come Across the Sea 海を越えて……」を企画しました。イギリス、イタリア、ドイツ、アメリカなどで学び、創作する日本人アーティストの作品を中心に、Ippodo New Yorkと関わって来た海外のアーティストの魅力的な作品が並びます。
それぞれの国の特長やアイデンティティを持ちながら 芸術は世界共通の言葉のように訴えて来ます。世界を旅する事がままならない今、銀座でアートの旅をお楽しみいただけたら幸いです。

一穂堂 青野 惠子

 

作家名:
高樋一人(立体)、奥村信之(彫刻)、大塚茂吉(立体)、大木泉(ガラス)、Merete Rasmussen(立体)、Laura de Santillana(ガラス)、ハルオ・ミヤウチ(油画)、Todd Williamson(平面)、Lis Sloan(平面)、Michele Flammia(フレスコ画)、本田孝一(アラビア書道)、寺田琳(平面)、Kwon JeongChan(平面)