令和の絵師 中野大輔の日本画: -生命の讃歌-

 

世界的な苦難の時期ですが、だからこそ描けていることの幸せを痛感しています。
ひとりの絵師として、美術はほんのささやかでも皆様のこころに明かりを灯せるものと信じております。
披露できますことを心から感謝しています。


中野 大輔




昨年3月、Ippodo New Yorkで海外初の中野大輔展を開催。
会期中「僕が生きている間に、待ちに待った現代作家の美しい日本画が見れた。」とアメリカのキュレーターが涙を流し、その後インディアナポリス美術館に収蔵、同年10月に開催の「A BRUSH WITH BEAUTY」展にさっそく展示され話題になった。
線の力強さと画面いっぱいの生命力を 今こそ 感じていただきたいと思います。

 


 

 

▼作品紹介映像
https://www.ippodogallerytokyo.com/ja/video/35/

 

▼展示風景映像
https://www.youtube.com/watch?v=mJM82GGmo6s&feature=youtu.be

 

▼オンライン展覧会
https://www.ippodogallerytokyo.com/ja/viewing-room/2-a-paean-to-life-daisuke-nakano/

 

▼オンラインインタビュー(一部内容は英語です)
https://www.youtube.com/watch?v=i0hxs7Nf6MQ&feature=youtu.be